妊娠を回避するアフターピルと母乳の関係性

セックスの経験者の中には、コンドームをしていたにもかかわらず中で外れてしまったり穴が開いているのに気づかなかったりして、失敗した系系を持っている人もいることだと思われます。
アフターピルはそんな緊急の時の緊急避妊薬で、避妊に失敗したことに気づいてから早めに服用することで避妊に成功する薬です。
早く服用すればするほど避妊回避の成功率は高く、薬の種類によっても異なりますが遅くても72時間以内に服用すれば高い確率で妊娠をせずに済むとされています。
アフターピルを服用すると、早い人では3日くらいで遅い人でも3週間すると出血が見られますがこの出血は普通の生理と区別するために消退出血と呼ばれてます。
アフターピルには大量の女性ホルモンが含まれていて、これが体内に入ることで体を妊娠したような状態にすることで妊娠を回避するのです。
ただ、3週間経っても何の音沙汰あらわれない場合には、すでに妊娠している可能性が高いので、早めに婦人科で診てもらうのが良いといえます。
アフターピルは望まない妊娠をしないための緊急避妊薬ですが、妊娠中や母乳をあげている期間は服用できないことになっています。
ピルの作用として、母乳分泌を抑制する作用があるのと、アフターピルはホルモン剤なので授乳中の赤ちゃんにどんな影響があるかわからないからです。
そのため、授乳期間にセックスをして避妊に失敗したからといって自己判断でネット通販などで海外から個人輸入をして購入しアフターピルを服用するのではなく、婦人科などに相談するのが良いといえます。
アフターピルの薬効が切れれば母乳をあげても問題ないと思いますが、何かあってからでは遅いので必ず医療機関で相談してから服用するようにしましょう。